トランクルームおすすめランキング

ハローストレージ

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国1,200物件
月額使用料 1,500円~
事務手数料 使用料の1ヶ月分
管理費 当月から翌月分まで
更新料 使用料の0.5ヵ月分
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

キュラーズ

おすすめ度 ★★★★
店舗数 全国57店舗
月額使用料 3,000円台~
事務手数料 0円
管理費 0円
更新料 0円
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

宅トラ

おすすめ度 ★★★★
月額使用料 4,980円~

>> 公式ページを見る <<

スペースプラス

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国450拠点以上
月額使用料 2,520円~
事務手数料 月額賃料の1ヶ月分
管理費 0円
更新料 5,000円(税抜)
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

サマリーポケット

おすすめ度 ★★★★★
月額使用料 250円~
預け入れ送料 無料
写真撮影 無料
初月保管料 無料
取り出し送料(全国一律): 800円/1梱包

>> 公式ページを見る <<

トランクルームとは

自分の部屋が思うように片付かないのは、荷物が多いからだと思ったことはありませんか。長く暮らしている家ほど、自然と荷物が増えてしまい、片付かないのは珍しいことではありません。また少しでも荷物を減らそうと思っても、シーズンオフで使わないだけの物から思い出の品まで、捨てられない荷物が多いという方も多くいます。そのような方は、荷物を減らして整理するのではなく、収納場所を増やすのも選択肢の1つです。

収納場所を増やすための選択肢として利用できるのが、トランクルームのレンタルです。駐車場を借りるときは、車を駐車するスペースを借ります。一方でトランクルームとは、荷物を収納するための場所をレンタルすることです。そのようなスペースを借りることによって、家の中に増えた荷物を整理することにつながります。

荷物の量が多くても、トランクルームは高いので利用できないと思っている方もいるかもしれません。ですが実際には、埼玉でおすすめの格安で借りられるスペースも存在しています。そのような格安のスペースを借りて、上手に荷物の整理をできるようにしましょう。

また荷物をしまうスペースの借り方にも、人それぞれのスタイルが存在しています。収納上手を目指したいと考えているのであれば、どのような借り方があるのか情報を集め、自分ならではのスタイルを確立することも必要です。独自のスタイルを確立することで、効率よくスペースを利用することにつながります。

トランクルームの使い方

トランクルームの使い方において、正解はありません。個人の状況によって収納したいものは異なるので、自分がしまいたいものを収納しましょう。どのような物を収納するか考えるために、ほかの方の使い方を参考にするのも1つの手です。

例えばトランクルームをレンタルしている方の使い方の1つとして、シーズンオフのものをしまっておくということがあげられます。冬物のコートやストーブなどの暖房器具は、夏は家にあっても暑苦しいだけです。押入れの奥にしまっておいてもいいのですが、冬物はかさばるので場所をとってしまいます。そこでトランクルームに冬物のコートや暖房器具をしまっておくことで、部屋の収納スペースを広く使うことにつながります。

また子供がいる方の中には、子供が大きくなったときのために購入した洋服をしまっている方もいます。大きくなったときに着る服だけではなく、子供の作品などを収納するスペースとしても利用できます。例えばベビーカーやベビーベッドなど、次の子供が生まれるまでに家の中で保管するのではなく、収納スペースにしまっておくのも1つの手です。

家の外で収納スペースを借りるとお金がかかるので、もったいないと思う方もいるでしょう。ですが収納場所を増やすために、一回り大きな部屋に引っ越すよりも、収納スペースを借りたほうがお金がかからないケースも多くあります。特に埼玉で格安のスペースを借りるのであれば、月々の負担は最小限で、収納スペースを増やせます。

トランクルームの種類

実際にトランクルームを利用したいと思ったとき、種類について把握しておくことも忘れてはいけません。種類ごとに異なる特徴があるため、その特徴を知ったうえでトランクルームを選ぶことで、自分にあった使い方をすることにつながります。

例えば埼玉で格安のスペースを借りたいと考えているのであれば、屋外型のスペースに注目するのも1つの手です。屋外型とは、その名前からもわかる通り、屋外にスペースが存在しています。具体的には駐車場の端を利用して、コンテナなどを設置しているタイプが多くあります。このようなレンタル収納スペースは、比較的安く利用できるものの、コンテナ内の温度が上がりやすいので注意が必要です。特に夏は、屋外だと気温が上がりやすいので、温度変化に弱い荷物を保存したい場合には向きません。

屋外型のほかにも、トランクルームには屋内型が存在しています。屋内型は、マンションやビルの一室のような形で利用でき、業者が室内の温度や湿度の管理を行ってくれるケースも見られます。また屋内型の特徴の1つが、防犯対策も整っているということです。防犯カメラの設置だけではなく、警備員の巡回などが行われていることも多くあります。また屋内のため、荷物を出し入れする際に、天候が悪い日でも気にしなくてすむのも特徴の1つです。

屋内と屋外の2つのタイプには、それぞれ異なるメリットとデメリットが存在しています。そのような特徴を踏まえたうえで、自分にあったタイプを選択しましょう。

トランクルームの選び方

トランクルームの選び方において大切なのは、格安でレンタルが可能かということだけではありません。値段も大切な要素ですが、不自由なく利用できるように、その他のポイントについて確認することも忘れないようにしましょう。

例えば選ぶうえで大切なポイントの1つに、埼玉のどのような場所にあるのかという点があげられます。同じ埼玉に住んでいるとしても、自宅から遠い場所や行きにくい場所の場合、荷物を出し入れしに行くだけで面倒な思いをします。そのようなことを防ぐために、安いからといって遠い場所を選ぶのではなく、少し高くても自宅や職場から近い場所を選びましょう。また車でトランクルームまで行くつもりなら、駐車場の問題を確認することも大切です。

ほかにもトランクルームを選ぶときに注目するべき点として、広さがあげられます。収納できる場所をレンタルするといっても、1畳以下の狭めのスペースから4畳ほどある広めのスペースまで、さまざまな広さのスペースが借りられます。天井の高さなども含めて、自分が収納したいものがしまえるスペースを選択しましょう。

また収納したいものが温度や湿度の変化に弱い場合には、温度と湿度の管理まで行ってもらえる業者を選ぶことが大切です。盗まれたら嫌なものをしまいたい場合には、防犯対策が整っているスペースを選ぶ工夫も必要です。このような値段以外のポイントにも注目して、どのようなスペースが自分にあっているか考えましょう。

トランクルームに必要な費用・料金

埼玉で格安のトランクルームを利用したいと考えているとき、月額使用料ばかりに気を取られる方も多くいます。ですが、実際にレンタルして利用することを考えた場合、必要になるお金は月額使用料だけではありません。例えば契約をするときに必要なお金として、初期費用があげられます。

初期費用でどのような料金がかかるのかという問題については、マンションの賃貸契約をイメージするとわかりやすくなります。マンションの賃貸契約をするときと同様に、トランクルームの初期費用でも、敷金礼金、事務手数料のほかに、鍵の代金などが必要です。ほかにも諸費用が必要になることもあるので、契約する業者ごとに、どのような料金が必要になるのか確認しましょう。

またトランクルームで必要な費用について考えていくときには、期間の問題も合わせて考えることを忘れてはいけません。引っ越しなどの事情で一時的に荷物を預けておく方もいますが、数年単位で契約したいと考えている方も多くいます。長く1つのスペースをレンタルする場合、一定期間ごとに契約更新料が必要になるかもしれません。長くレンタルしたい場合には、更新料の有無も確認しておきましょう。

このようにスペースをレンタルするときには、月額使用料のほかにも、必要なお金は変わってきます。また荷物の出し入れの際にもお金がかかるケースもあるので、注意が必要です。どのようなお金が必要なのか総合的に考えたうえで、格安な業者を探すことも忘れてはいけません。